​大正10年卒の人物
※下線のある名前クリックで画面TOPになります。
秋山謙蔵
​(教育)
 

広島県比婆郡西城町(現在庄原市)の母の生家(江木)を継ぎ、1927年伯父秋山九郎の養子となる。第七高等学校を経て東京帝大国史学科を卒業。以来帝国学士院の推薦を受け、高松宮殿下から6回も「有栖川宮記念学術奨励金」を拝受。三上参次文学博士等に師事し史学科の機関誌「史学雑誌」の編集に従事し史学会委員となる。大正大学、国学院大学教授、戦後は東京女子美術大学、東京女学館短大教授。主な著書に「日支交渉史話」「日支交渉史研究」「日本の歴史」等。

1978年(昭和53年)没。

佐々木彰

(軍人)

 

山本五十六司令長官の時の連合艦隊航空参謀・大佐(海兵51期)

二階堂哲郎

(政治)

 

​東京帝国大学経済学部卒。1945年より大竹町長、1954年初代大竹市長に就任。1974年まで5期市政を担った。

1974年(S49年)没。

野島福太郎

(経済)

 

東京帝国大学経済学部卒。帝國製鉄社長。

​松本賢一

(政治)

 

東洋大学卒。第15代呉市長(1954-1961年)。広島県選出の参議院議員(1962-1974年)として日本社会党から2期当選。

〒730-0042 
広島市中区国泰寺町一丁目2番49号 
広島県立広島国泰寺高等学校内 
鯉城同窓会事務局 
TEL (082)241-9777・FAX (082)248-7341 
© 旧制広島一中 広島県立広島国泰寺高校 鯉城同窓会 All Rights Reserved.