昭和39年卒
※下線のある名前クリックで画面TOPになります。
荒木史子
(社会)
 

広島女学院大学大学院言語文化研究科博士課程修了。文学博士。マツダ株式会社の女性幹部社員として、長年海外広報業務に従事。定年後も広島市留学生会館初館長、広島女学院大学非常勤講師を経て、現在は広島文教女子大学非常勤講師、広島市文化財団評議員、テレビ新広島番組審議会委員など務めているが、海外からの来広者が増えるなか、自らの生後4ケ月での被爆体験などを英語で伝えたい思いから、近年は被爆証言活動にも意欲的に取り組んでいる。