​明治16年卒
※下線のある名前クリックで画面TOPになります。
 
​秋山雅之助
(政治・教育)

法学博士・法政大学学長。明治23年、東京帝国大学法科を広島県で最初に卒業した後、外務省入省。外務省勤務時代(大隈重信外相の時)軍艦浪速でハワイへ出張、米国のハワイ合併について談判するも日本の主張が認められず帰国後切腹、奇跡的に助かる。青島の民生長官として功績をあげ、晩年は法政大学学長に推され教育事業に従事した。

​1937年(昭和12年)没