​昭和25年卒の人物
※下線のある名前クリックで画面TOPになります。
関千枝子

​(文化)

 

学制改革により第2県女2年から国泰寺高校3年に編入後卒業。早稲田大学文学部ロシア文学科卒業。毎日新聞入社後、社会部、学芸部記者を経て1980年から全国婦人新聞(女性ニューズ)記者、編集長など歴任。2014年安倍靖国参拝違憲訴訟原告(筆頭)。著書に『広島第二県女二年西組ー原爆で死んだ級友たち』(ちくま文庫/日本エッセイスト・クラブ賞、日本ジャーナリスト会議奨励賞受賞)、『ヒロシマ往復書簡』などがある。

​新田篤実

​(政治)

 

学制改革により市立城北高校から国泰寺高校3年に編入ー卒業。関西大学卒。砂原格衆議院議員の秘書を経て広島市選出の県会議員に就く。8期連続当選。2003年~2007年県議会議長を務めた。

​2016年(平成28年)11月4日没

〒730-0042 
広島市中区国泰寺町一丁目2番49号 
広島県立広島国泰寺高等学校内 
鯉城同窓会事務局 
TEL (082)241-9777・FAX (082)248-7341 
© 旧制広島一中 広島県立広島国泰寺高校 鯉城同窓会 All Rights Reserved.