​昭和24年卒(鯉1)の人物
※下線のある名前クリックで画面TOPになります。
 
兒玉光雄

(社会)

​旧制広島一中1年の時に被爆。倒壊した校舎から脱出して生き残り、戦後復学をした19人の中の一人。人生も晩年の60歳代に入り次々とがんを発症しながら22度もの手術を克服して88歳の長寿を全うしたその生き様は壮絶の一語に尽きるが、被爆者とは思えぬその仕事師ぶりも異色で、広島大学水畜産学部を卒業後は、ふるさとの高田郡向原町役場に奉職し、産業育成を担当する傍ら青年団長をやったり、町興しに奔走。さらには先進農業研修のためスイスに留学、帰国後は牧場経営を目指して役場を辞し農協職員一牧場長となったが、地元の和牛有力業者と対立して辞職し、セゾングループの飼料メーカー「西武化学」に入社。海外研修などの経験もあるところから1973年4月には同じグループの「西武都市開発」へ転籍して岡山で”瀬戸パークハイツ”分譲を担当したり、1982年には本土復帰した沖縄事業所の所長として観光事業にも腕を振るっている。ただ60歳を過ぎた1999年夏に大腸がんを発症、これを機に長い会社員生活に終止符を打った。晩年は非政府組織のピースボードの船旅などに参加し、海外でも証言、また広島市の被爆体験伝承者の講師も務めるなど活発な証言活動にその生涯を捧げた。

2020年(令和2年)10月28日没

【参考文献】◇広島大学文書館オーラルヒストリー事業「日常の中の被爆」プロジェクト第1集=兒玉光雄オーラルヒストリー『原子野を生きのびて』​◇横井秀信著「異端の被爆者」(新潮社)

 
原邦彦

(社会)

広島一中1年生生き残り19名の一人で、被爆生徒の記録集「ゆうかりの友」を編集ー刊行した。

 
平野実

(社会)

​戦後、朝鮮半島から引き揚げ、旧広島一中、鯉城高、国泰寺高校を経て京都大学医学部に入学。医学の勉強を続けながら高校時代から好きだった声楽の勉強も併行し、結局は医学の分野も耳鼻咽喉科を選び、研究者としても多くの実績を上げ、国際的な医学者として盛名を馳せるわけだが、彼が医師となり(1958年)耳鼻咽喉科・頭頚部外科学を専攻した理由は二つあって、一つは声の研究をし声をよくしたい、声の障害を治したいということ、今一つは、頭頚部がんの治療をしたいということだった。当時京大にはその分野の手術の名人と言われた助教授が二人いて、その一人である指導教官の広戸幾一郎助教授が1960年久留米大学の教授就任に際しては平野も一緒に移籍、広戸教授の下で頭頚部がんの治療にあたった。1971年、広戸先生の後を継いで教授となり、以来26年間、耳鼻咽喉科単独の手術では治療成績の向上にも限界があると関連外科に呼び掛けてのチーム医療を提唱、大きな成果を上げた詳細については、日本放射線腫瘍学会誌(1999年11月号)の『頭頚部がんチーム医療』をご覧いただきたい。1996年学長、2000年名誉学長。そうした研究に対して、グールド賞(1977)、グッツマン賞(1980)、世界音声医学会功労賞(1995)などを授与されているほか、スペイン耳鼻咽喉科学会名誉会員(1987)、ドイツ音声言語医学会名誉会員(1993)、国際音声言語医学会名誉会員(2001)に選ばれている。また中高時代には学業は勿論、声楽の勉強の傍ら陸上競技部に所属し、校内で最速の短距離ランナーであったなど文武両道を目指した異才ぶりは特筆されよう。

前田邦男

(社会)

 

原爆で崩壊した校舎から脱出して生き残った広島一中1年生19名の一人。広島大学政経学部を卒業して1955年(昭和30年)呉相互銀行に入行。被爆後20年ほど経過した頃から様々な後遺症(耳下腫瘍症、食道がん、皮膚がん、基底細胞がんなど)を患いながらも、持ち前の負けず嫌いな性格と粘り強さ、そして楽天主義によって病気を克服しながら、広島支店長、常務取締役、専務取締役と昇進、さらには商号変更により普銀に転換した”せとうち銀行”頭取、広島総合銀行と統合誕生した”もみじホールディングス”社長、”もみじ銀行”取締役相談役などを歴任したその足跡は、激変する金融業界の荒波を潜り抜けた闘士としても語り伝えられるだろう。

2011年(平成23年)没

〒730-0042 
広島市中区国泰寺町一丁目2番49号 
広島県立広島国泰寺高等学校内 
鯉城同窓会事務局 
TEL (082)241-9777・FAX (082)248-7341 
© 旧制広島一中 広島県立広島国泰寺高校 鯉城同窓会 All Rights Reserved.