​大正05年卒の人物
※下線のある名前クリックで画面TOPになります。
伊藤信之

(経済・スポーツ)

 

京都帝国大学卒。鉄道省(現・国土交通省)勤務の後、広島電鉄に入社、2代目社長となる。広島野球倶楽部(のちのカープ)理事長や広島商工会議所会頭を歴任。鯉城同窓会初代会長。

1984年(昭和59年)没

鈴木剛

​(経済)

 

三高を経て京都帝国大学卒。住友銀行頭取(1947年から1952年)大阪テレビ放送社長、朝日放送社長、ホテルプラザ社長を歴任した実業家。住友グループの 社長会である白水会の名付け親でもある。 ​勲二等瑞宝章受章(1981年)。

1987年(昭和62年)没

 
谷川昇

​(政治)

両親のアメリカ移住にともない広島中学卒業後、両親の元へ。アメリカ イリノイ大学に入学。ハーバード大学・大学院卒。関東大震災後帰国し、内務省入省、東京市役所に勤務。 1938年から市理事、市民局長、防衛局長を歴任。1945年 山梨県知事、更に内務省警保局長となる。1947年4月の総選挙に広島県2区から衆議院議員となり、1955年 総選挙も当選したが急逝し、わずか10時間程の差で当選証書を受ける事が出来ず愛惜された。公人としての活躍だけでなく、1950年(昭和25)広島野球クラブ㈱を創立して社長となった(現広島東洋カープ)。正五位勲四等を受章。

1955年(昭和30年)没

築藤鞆一

(経済・スポーツ)

 

中国新聞代表取締役・ラジオ中国社長。カープ発起人。

中村隆元

​(スポーツ)

 

第1回全国中等学校優勝野球大会に広島中の一塁手として出場。大会第1号ホームラン)ランニングホームラン)を打った。

 
野津謙

​(医療・スポーツ)

広島一中サッカー部創立時に入部。第一高等学校卒、東京帝国大学卒​。医師(小児科医)、医学博士。サッカー選手、サッカー指導者でもあり、第4代日本 サッカー協会会長、アジアサッカー連盟副会長、国際サッカー連盟理事を歴任した。藍綬褒章、勲三等瑞宝章、ナイト勲章(大英帝国勲章)を受章。

1983年(昭和58年)没

〒730-0042 
広島市中区国泰寺町一丁目2番49号 
広島県立広島国泰寺高等学校内 
鯉城同窓会事務局 
TEL (082)241-9777・FAX (082)248-7341 
© 旧制広島一中 広島県立広島国泰寺高校 鯉城同窓会 All Rights Reserved.