​大正06年卒の人物
※下線のある名前クリックで画面TOPになります。
島薫

​(医療)

 

旧制大阪医科大学卒。島病院初代院長。(原爆投下時目標の相生橋に程近い島病院。現在は島内科)広島信用金庫2代目理事長(1971~1973年)。欧米での医学研究生活などを経て広島に帰郷。患者が低料金で治療・入院が受けられるように工夫したという、島病院は安い治療代と「盲腸もすぐ治る」と噂されたほどの手術のうまい病院として評判であったる。

1977年(昭和52年)没

 
永山忠則

​(政治)

庄原市初代市長。衆議院議員、元自治相。1924年中央大学法学部予科を卒業。1926年敷信村長、広島県会議員。1936年衆議院議員に初当選。戦後は一時、占領政策で公職追放された。1954年庄原市の初代市長。1955年衆議院議員に立候補し当選。国政に復帰した。衆院選で11回の当選を果たし、1976年政界を引退。1969年勲一等旭日大綬章を受ける。

1984年(昭和59年)没

​深山静夫

(スポーツ)

 

慶応義塾体育会ソッカー部創始者。

1923年第6回極東選手権日本代表の関西倶楽部からディフェンダーとして国際Aマッチ2試合(フィリピン、中華民国)フル出場。その後広島に帰り、鯉城蹴球団創設に参加。鯉城蹴球団の中心的選手して1924年1925年の明治神宮競技会兼ア式蹴球全國優勝競技會(第4回第5回天皇杯全日本サッカー手権大会)を2連覇。1928年進徳高女教員となり、大日本蹴球協会(日本サッカー協会)中国支部代表者として長年​運営にあたった。

〒730-0042 
広島市中区国泰寺町一丁目2番49号 
広島県立広島国泰寺高等学校内 
鯉城同窓会事務局 
TEL (082)241-9777・FAX (082)248-7341 
© 旧制広島一中 広島県立広島国泰寺高校 鯉城同窓会 All Rights Reserved.