​大正07年卒の人物
岩島肇

​(いわしまはじめ)

灘尾弘吉

(なだおひろきち)

岩島肇

​(社会)

​京都帝国大学法学部卒。弁護士。

​灘尾弘吉

(政治)

第一高等学校を卒業。1924年東京帝国大学法学部卒業。内務省に入る。官界入りは佐藤栄作元首相と同期。

1941年同期のトップを切って

40代早々で大分県知事に抜擢された。1942

年内務省に帰任地方局長。1945年内務次官。自由民主党結党に参加。1980年第36回衆院

選まで連続当選12回。1956年石橋内閣の文

相として初入閣。岸、池田、佐藤の各内閣で

文相6回、池田内閣で厚相1回。岸内閣の文

相当時、首相の政治姿勢を批判して池田、三

木両相と共に閣僚を辞任(三閣僚辞任事件)、その骨っぽさが話題となった。一方、三木内

閣当時、党総務会長として”三木おろし“に揺

れる党内抗争を収拾して「調整役の灘尾」と

して名を上げた。1970年 春の叙勲で勲一

等旭日桐花大綬章を授章。1979年大平内閣

当時、与野党伯仲国会の運営役に乞われて衆

議院議長に就任。1989年広島県名誉県民に

顕彰。1994年(平成6年)没。

〒730-0042 
広島市中区国泰寺町一丁目2番49号 
広島県立広島国泰寺高等学校内 
鯉城同窓会事務局 
TEL (082)241-9777・FAX (082)248-7341 
© 旧制広島一中 広島県立広島国泰寺高校 鯉城同窓会 All Rights Reserved.