​昭和06年卒の人物
二宮實
(経済)

​生来の動物好きが嵩じて中学卒業をきっかけ

に採卵欄養鶏業を創業、昭和8年請われて

三篠信用組合(現・広島信用金庫)入組後も

軍役に服するまで二足の草鞋を続けた異色の

経歴の持ち主。昭和38年理事、昭和43年常務理事、昭和46年専務理事、昭和48年副理事長を経て昭和54年第4代理事長に就任。

平成2年会長。この間(社)全国杉の子会

連合会会長、(社)全国信用金庫協会副会長、広島県信用金庫協会会長、広島市社会福祉協議会会長など公職を兼務。昭和58年黄綬褒章、昭和60年紺綬褒章、昭和63年勲四等旭日小綬章を受章。若くして生け花やお茶、詩吟、謡曲をたしなむ一方絵画の収集家としても知られ、自宅を美術館にと夢見た話は有名。

堀江明
(経済)
 

東京帝国大学経済学部卒業。広島電鉄3代目社長。

岡本悟
(政治)
 

1937年(昭和12年)東京帝国大学法学部法律学科卒業後、鉄道省入省。運輸省観光局長、運輸大臣官房長、鉄道監督局長、運輸事務次官を経て参議院議員を2期務める(1965年-1976年)


1988年(昭和63年)没

松尾孝
(経済)
 

「かっぱえびせん」で知られる菓子メーカー

『カルビー』創業者。中学卒業前後に相次いで両親を失ったため卒業と同時に家業(穀粉

製造販売)を継ぎ、戦中戦後の食糧難の時代

も二度の事業蹉跌を乗り越えて昭和30年

「カルビー製菓」をスタート、当時アメリカ

から大量に輸入されていた小麦粉を使って

〝かっぱあられ” を開発。 この売込みの為

昭和42年ニューヨークの国際菓子博覧会に

出展、さらに翌昭和43年には「やめられない、とまらない」のキャッチコピーとともに

テレビCMを開始しブランド化に成功、以来

爆発的に売れて昭和45年には単品売り上げで100億円を超える大ヒットとなり業界雀を

驚かせた。 次に手掛けたのがポテトチップスで昭和50年9月に発売。 3年目には単品

で200億円の売り上げを達成し昭和55年頃

にはポテトチップス全盛期を謳歌した。

昭和51年藍綬褒章を受章。 昭和62年長男

に社長の座を譲って会長となり、晩年まで自宅で製品開発に取り組んでいたが、持病の

ぜんそくが悪化。

​2003年(平成15年)没

河内義就
(経済)
 

戦後の広島を拠点として活躍した代表的な建築家。昭和7年横浜高等工業学校建築科 (現横浜国立大学)に入学し、中村順平の

弟子となる。卒業後は逓信省経理局営繕課に

就職し、山田守の元で仕事をする。昭和14年7月から終戦までは満州国郵政総局経理課営繕股技手仕官、技佐仕官として建築活動を行う。戦後は被爆都市広島の初の設計事務所であった暁設計事務所に所属し、広島の復興において旺盛な建築活動を行う。昭和26年には独立して「河内義就設計事務所」を設立し、広島を中心に設計活動を行うほか、日本建築学会や日本建築家協会など社会団体でも幅広くその才能を発揮した人物である。 河内が設計した木造建築として広島児童文化会館(昭21年竣工)と広島ガス本社(昭24年竣工)があるが、独立後の仕事としては廣島毎日会館(昭29年竣工)、宮島競艇場(同)、広島労働会館(昭33年竣工)、宮島ロープウェイ(昭34年竣工)広島ゴルフクラブハウス(昭35年竣工)な​ど多数。

若山滝美
(スポーツ)
 

慶応大学卒業。​1936年 ベルリンオリンピックに水球選手​として出場。

〒730-0042 
広島市中区国泰寺町一丁目2番49号 
広島県立広島国泰寺高等学校内 
鯉城同窓会事務局 
TEL (082)241-9777・FAX (082)248-7341 
© 旧制広島一中 広島県立広島国泰寺高校 鯉城同窓会 All Rights Reserved.