​昭和13年卒の人物
吉野友己​(よしのともみ)
松井五郎(まついごろう)
吉野友己
(社会)

東京帝国大学文学部卒業。

読売テレビを経て広島テレビ放送社長。

​1996年(平成8年)没

松井五郎
(社会)

旧制広島高等学校(文乙)-東京帝国大学法学部法律学科卒。昭和18年三菱重工神戸造船所に入社したが、2か月後に応召されて中国大陸の最前線で生死の境を彷徨する一方、経理部幹部候補生として南京経理学校での連日連夜、完全武装に軽機関銃を担いでの駆け足行軍も何とか落伍せず耐え抜くなどの試練を経て漢口で終戦、昭和21年復員時は25歳でポツダム少尉だった。弁護士の父親と二人の兄を原爆で失い三菱重工もすでに解雇になっていたため長兄の経営していた鋳物工場を再建、何とか軌道に乗せた昭和45年初め、小学校時代から仲の良かった戸田工業の戸田英夫社長に請われて上場会社の経営を引き受けるが、半年後に不治の病で戸田社長急逝のピンチも銀行の要請に応えて乗り切ったばかりか、新たな無公害化学合成法を開発して高性能・超微粒子磁性材料の多量生産に成功して昭和58年には日経の全国優良企業ランキング2位、東証一部に上場の快挙を達成するなど、昭和62年会長、平成8年相談役に至る見事なリリーフ役ぶりは”広島経済界に松井あり”を強く印象付けた。財界活動も、昭和51年広島県教育委員会教育委員長、同54年広島経済同友会代表幹事、同63年広島商工会議所副会頭、その間にはロータリークラブの地区ガバナー、表千家同門会広島県支部長等々幅広く活躍し、平成3年薫4等瑞宝章を受章している。第4代鯉城同窓会会長。

​1998年(平成10年)7月10日没

〒730-0042 
広島市中区国泰寺町一丁目2番49号 
広島県立広島国泰寺高等学校内 
鯉城同窓会事務局 
TEL (082)241-9777・FAX (082)248-7341 
© 旧制広島一中 広島県立広島国泰寺高校 鯉城同窓会 All Rights Reserved.