​大正14年卒の人物
※下線のある名前クリックで画面TOPになります。
神川茂紀

​(政治)

 

海軍兵学校56期卒。軍艦(砲艦)保津艦長、中佐(軍令部)。戦後は広島県議会議員を務めた。1945年8月8日「特殊爆弾調査団」の一員として広島市内を視察している。

木村忠二郎
​(政治)
 

​厚生事務次官。東京帝大法学部卒業、内務省入省。厚生事務次官当時、国際的視野が非常に広く、葛西嘉資と共に戦後厚生行政を担った。退官後は民間社会福祉に尽力。日本社会事業大学理事長、大学長。

1978年(昭和53年)没。

木本誠二
​(医療・教育)
 

​東京帝国大学医学部卒。心臓血管外科の権威。東京大学名誉教授、三井記念病院院長。

1995年(平成10年)没。

熊野徳次郎

​(政治)

 

​東京帝国大学法学部卒。内務省入省、愛媛県警察部長(経済部長兼任)、奈良県地方事務官警察部長、岡山県警察長、大阪府警察本部長など歴任。退職後は関西経済開発連合会に務めた。

田部文一郎

​(経済)

 

​東京商科大学(現・一橋大学)卒。1928年三菱商事入社。日米開戦時ニューヨーク勤務のため抑留され、1942年交換船で帰国。財閥解体の後、新日本通商専務、東西交易常務を経て1954年の大合同で三菱商事機械第三部長。1957年米国三菱社長、1974年社長、1980年会長。日本商工会議所副会長も務めた。

2002年(平成14年)没。

〒730-0042 
広島市中区国泰寺町一丁目2番49号 
広島県立広島国泰寺高等学校内 
鯉城同窓会事務局 
TEL (082)241-9777・FAX (082)248-7341 
© 旧制広島一中 広島県立広島国泰寺高校 鯉城同窓会 All Rights Reserved.