​明治34年卒
山道襄一​(やまみちじょういち)
山道襄一
(政治)

政治家・ジャーナリスト。早稲田大学卒業後、中国新聞記者を経て、衆議院議員を10期も務める。その間、文部参与官、鉄道政務次官を務める。

​1941年(昭和16年)没。

 
鈴木三重吉
(文化)

小説家・児童文学者。第三高等学校を経て東京帝国大学文科大学英文学科に入学し、夏目漱石の講義を受ける。大学休学中「千鳥」が『ホトトギス』に掲載され、以降夏目漱石門下の一員として活動する。明治41年東京帝国大学を卒業後、成田中学の教頭として赴任、英語を担当する。明治44年、成田中学を退職後、海城中学校の講師となる。その間も活発な創作活動により雑誌掲載や「返らぬ日」「お三津さん」などを出版。大正2年、中央大学の講師となる。大正5年、誕生した娘のために童話集『湖水の女』を創作したことをきっかけに、児童文学作品を手掛けるようになる。大正6年より『世界童話集』の刊行を開始し、大正7年、児童文芸誌『赤い鳥』を創刊、18年間(計196冊)刊行を続け、最盛期には発行部数3万部を超えたと言われる。『赤い鳥』では、芥川龍之介や有島武郎、北原白秋、小山内薫、久保田万太郎といった多くの著名作家に執筆を依頼し、名作を誕生させた。

​1936年(昭和11年)没。

〒730-0042 
広島市中区国泰寺町一丁目2番49号 
広島県立広島国泰寺高等学校内 
鯉城同窓会事務局 
TEL (082)241-9777・FAX (082)248-7341 
© 旧制広島一中 広島県立広島国泰寺高校 鯉城同窓会 All Rights Reserved.